• (※

各分類の管理内容の詳細を見ていきましょう。

文書名 管理方法 具体例
社外秘文書 社内での共有は可能だが、社外に持ち出してはならない情報。3種類の重要度レベルでは最も低いが、社外の人に簡単にアクセスされないようにする。 会議の議事録、顧客一覧、営業企画書、製品規格書など
秘文書 リーダーのみや同プロジェクトのメンバーなど、社内でも限られた一部の人のみが閲覧できる情報。社外秘よりは重要度はやや高め。 重要契約書、新製品情報、人事ファイルなど
極秘文書 3つの区分の中で最も重要で厳重に管理すべき情報。経営に直結する内容で、経営者層の役員などごく一部の人だけしか閲覧できない。 極秘プロジェクト、未公開の経理情報など



【機密情報を漏洩させないための方法】

  • 機密情報の把握・管理
  • 適切なセキュリティシステムの構築
  • 担当者の選任・教育
  • 取り扱い規定を定める

それぞれの方法の詳細を解説します。

当社の「PROCENTER/C」は多要素認証でなりすましを防止し、きめ細やかなアクセス権制御で文書の開示範囲の制限が可能。二次漏えいを防止するために、ダウンロードの際にもファイル暗号化を行います。更には様々な操作ログを保存し、不正アクセスが検出可能です。また、きめ細かなアクセス権制限によって文章の開示範囲が管理可能になりました。もちろんダウンロード時にもファイルを暗号化できるので、二次漏えいを防ぐことにもつながります。

不正アクセス検出のために、様々な操作ログが保存されるのも安心なポイントです。ビジネスに必要なさまざまなコンテンツをスムーズかつセキュアに共有・一元管理。
企業間、部門間 情報共有プラットフォーム「PROCENTER/C(プロセンターシー)」が効率的な情報活用でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。

製品TOP

「かかる費用を知りたい」、「詳しい仕組みを知りたい」という方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・ダウンロード